生産地と同じように多彩:ドイツのワイン

ドイツには、独自の文化と伝統を持つ13のワイン生産地があり、多種多様なワインが造り出されています。 主要なブドウ品種としては、リースリングとジルバーナー、リヴァーナー (別名:ミューラー・トゥルガウ) 、そして赤ワインのシュペートブルグンダー (フランス語名:ピノ・ノワール) が挙げられます。

ドイツのワイン生産地の、陽が燦々と降り注ぐ斜面は、ワイン愛好家だけのものではありません。 土地がゆるやかに起伏して、たいていは川がその間を流れ、小さなワイン村が多数点在するワイン生産地は、ハイカーサイクリストにとっても人気の場所なのです。 ドイツのワイン生産地では、農家1軒あたりの栽培面積が小さく、その多くは今も手作業に依っています。 これがワインの質に影響を及ぼし、さらには美しい田園風景の基となっているのです。

ラインヘッセン地方から、バーデン地方やフランケン地方を抜けて、ザクセン地方まで……様々なドイツワインの生産地を発見してください。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました