ヘッシッシェ・ベルクシュトラーセ ©Weinbauverband Hessische Bergstrasse e.V.

ワイン生産地域ヘッシッシェ・ベルクシュトラーセ:小粒でもぴりり。

ローマ人が最初のブドウを「ストラータ・モンタナ」、すなはちベルクシュトラーセに植えたと推測されます:ベルクシュトラーセのブドウ栽培については、ロルシュの帝国僧院に関係した8世紀の文書に記述があります。1971年に「ヘッシッシェ・ベルクシュトラーセ」は独立したワイン生産地域となり、現在13あるドイツの公認ワイン生産地域の中でもっとも小さな生産地域です。この地域は二つの離れた地域からなります: ダルムシュタット の南側のアルスバッハ、ツヴィンゲンベルク、ベンスハイム、ヘッペンハイムが「シュタルケンブルク」地域となります。二つ目の地域は、グロースウムシュタットとロスドルフ周辺の「オーデンヴァルトのワイン島」です。

地域の特色

ブドウ栽培面積とブドウ品種

土壌

気候

ブドウ栽培業者と協同組合

メンタリティ

お役立ち情報

観光街道ベルクシュトラーセ

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました