ザクセン ©Tourismusverband Sächs.-Elbland

ワイン生産地域ザクセン:オンリーワンのワイン

”貴重品となる ザクセンワイン” - ザクセンのブドウ栽培地域は欧州の最北の栽培地域で、もっとも小さな地域のひとつです。エルベ川沿いでは850年前からワイン用のブドウが作られていました。小さな区画に分割された畑が特徴的で、3000余りの小規模ブドウ栽培家が従事しています。ザクセン地域で採れるブドウは多品種で、ゴルトリースリング種はここザクセンだけに植えられています。ザクセン産のワインは大部分地元で消費されてしまいますので、ドイツでも貴重品となっています。

地域の特色

ブドウ栽培面積とブドウ品種

土壌

気候

ブドウ栽培業者と協同組合

お役立ち情報

ザクセン・ワイン街道

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: