マチルダの丘、ダルムシュタット
選択

ユーゲントシュティールの宝石:ダルムシュタット「マチルダの丘」

ヘッセン大公エルンスト・ルートヴィヒは、芸術と手工業の根本的な改革を目指して、ダルムシュタットに芸術家村を建設しました。

この「マチルダの丘」のアトリエだった建物には、オメガの形をしたユニークな正面玄関で知られる、美術館が設けられています。 ここでは、1899年から1914年に至る芸術家村の歴史が、当時の芸術活動や代表的人物と共に、総括的に紹介され、家具や住居群、ガラス製品、陶磁器、織物、金銀細工、グラフィック・アート、絵画、彫刻、建築模型などが展示されているのです。

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: