グンツェンハウザー美術館、ケムニッツ ©Kunstsammlungen Chemnitz (Bertram Kober)
選択

最高の美術体験:グンツェンハウザー美術館

2007年12月にケムニッツ美術館の「グンツェンハウザー美術館」がオープンし、有数の個人コレクションが常設展として一般公開されることになりました。

この美術館は、ミュンヘンの画廊経営者グンツェンハウザーが長年にわたって収集してきた、芸術家270人の作品約2,500点を所蔵しています。 その中には、オットー・ディクスの作品約300点の他に、ケムニッツ出身の有名な表現主義画家で、芸術家グループ「ブリュッケ」設立メンバーの一人でもあるカール・シュミット=ロットルフの、ドイツ国内で2番目の規模のコレクションが含まれます。

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: