選択

あらゆる面に現れる美:ドイツにおける美術と建築

オールド・マスター (古の巨匠) から新進気鋭まで:ドイツには、何世紀にもわたって蓄積されてきた、美術作品の傑作が存在します。 様々な表現手段による造形芸術に魅了され、それぞれの時代を代表する “記念碑的建造物” を体験してみてください!

退職したペーター・デーツは、 ケムニッツ 近郊リヒテンシュタインに、国際的な木彫芸術センターを設立するというアイデアを、妻マルレーネと共に形にしました。

もっと

フランクフルト のリービークハウスは、マイン河畔の牧歌的な場所にあって、最高レベルの彫刻作品コレクションを所蔵しています。

もっと

ミュンヘン のアルテ・ピナコテークでは、常設展に限っても、14~18世紀の絵画700点以上を目にできます。

もっと

ミュンヘン のノイエ・ピナコテークは、現代美術のみを対象とする、ヨーロッパ初の公共ミュージアム施設として、19世紀中頃にルートヴィヒ1世によって創設されました。

もっと

ミュンヘン の英国庭園周辺部にあるハウス・デア・クンスト (芸術の家) は、世界屈指の展示会場であり、現代芸術家の回顧展やテーマを定めた企画展が開催されています。

もっと

建築家ダニエル・リベスキンドは、 オスナブリュック のフェリックス・ヌスバウム・ハウスを “出口の無い美術館” として設計することで、芸術家とその作品のために、文字通りの意味で感動的な記念碑を打ち立てました。

もっと

デュッセルドルフ のK20ノルトライン・ヴェストファーレン州立美術館は、そのハイレベルな内容により、はるか以前から国際的なミュージアム・シーンで、傑出したポジションを占めてきました。

もっと

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました