帝国党大会会場文書センター、ニュルンベルク
選択

帝国党大会会場文書センター

1933年から1938年まで国家社会主義ドイツ労働者党 (ナチ党=ナチス) の大行進が行われていた場所にある帝国党大会会場文書センターは、ナチズムの本質に深く迫る施設です。

常設展の「魅惑と暴力」では、ナチスの暴力支配の原因と結果が取り扱われています。 その際、ニュルンベルクと関連のあるテーマは特に考慮されています。 ニュルンベルクの歴史に関する同様の展示は、1946年に主要戦争犯罪人が裁かれた、裁判所600号陪審法廷の「ニュルンベルク裁判記念館」でも行われています。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました