クルトゥーアシュパイヒャー、ヴュルツブルク ©Flickr (Stefan Gärtner)
選択

芸術的:クルトゥーアシュパイヒャー美術館

旧市街の端に、かつて港湾関係の建物だったクルトゥーアシュパイヒャー (文化倉庫) があり、中には美術館の他にボックスホルンとタンツシュパイヒャーが入っています。

ボックスホルン (山羊の角) は、カバレット (寄席芸) やシャンソン、音楽が主で、出演者のほとんどは、ある程度知名度のあるアーチストたちです。 タンツシュパイヒャー (ダンス倉庫) はイベント会場であり、専属アンサンブルの公演の他に、客演も行われます。 美術館は、3,500平方メートル余りのスペースに、19世紀から21世紀までの作品、そしてP.C.ルッペルトが収集した具象作品のコレクションを公開しています。

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: