政府防空壕記録館
政府防空壕記録館 ©Dokumentationsstätte Regierungsbunker (Kajo Meyer)
選択

政府防空壕記録館

アール渓谷の旧連邦政府防空壕は、過去の日々を現在に伝える、ドイツ全国でも他に類を見ない “時代の証人” として、2008年3月から新たな役割を担うことになりました。

この結果、ドイツ連邦共和国の歴史において最高機密とされてきた建造物が、ミュージアムとして核兵器対応の門戸を開くことになったのです。 広範囲にわたる書類、そして本来の場所に展示されたオリジナルの品々が、 “ドイツ史の一章” を伝えています。それは、東西の超大国が世界規模で威嚇し合っていた、冷戦という名の時代でした。

開館時間:

水曜日・土曜日・日曜日・法定休日 10:00-18:00

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました