チェックポイント・チャーリー壁博物館、ベルリン
選択

チェックポイント・チャーリー・ハウス内の壁博物館

伝説的な国境検問所チェックポイント・チャーリーにある壁博物館は、壁が建設された直後の1962年にオープンしました。ドイツ分断の歴史を伝える、ベルリンで最も入場者の多い博物館のひとつです。

東西両陣営の対立を象徴するチェックポイント・チャーリーは、市内で最も有名な国境検問所でした。 チェックポイント・チャーリー壁博物館では、ベルリンの壁の歴史と関連テーマ ─ 東ドイツの秘密警察シュタージや反対勢力、抵抗運動、さらには1989年11月9日の壁崩壊 ─ についての常設展が行われています。

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: