旧市庁舎と帝国議会博物館
旧市庁舎と帝国議会博物館 ©Peter Ferstl
選択

旧市庁舎と帝国議会博物館

数百年もの間、帝国自由都市レーゲンスブルクの中心だったのが旧市庁舎です。

ここでは、市参事会と市当局が業務を行っていました。 また、牢獄や拷問室を併設した、裁判所も入っていました。 そして、1663年から1806年にかけては、帝国議会が常設されていたのです。 これにより、ドイツやヨーロッパ規模の政治活動が、レーゲンスブルクで行われることになりました。 帝国議会の雰囲気は、今日でも帝国ホールや協議室で、はっきりと感じられます ─ これこそが、レーゲンスブルクがユネスコ世界遺産に登録された、主要な理由なのです。

開館時間:

ガイドツアーでのみ入場可能

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました