アルブレヒト・デューラー・ハウス、ニュルンベルク
選択

ルネサンスの証人:アルブレヒト・デューラー・ハウス

アルブレヒト・デューラー・ハウスは、16世紀のドイツ・ルネサンス期における芸術家デューラーの生涯を独自のスタイルで紹介する、ニュルンベルクで最も訪問者の多い観光名所のひとつです。

デューラーの写生画の中で最も有名な作品『野うさぎ』 (1502年) やスケッチ『祈りの手』は、今日なお多くのドイツ家庭の居間で目にできます。 デューラー・ハウスは、画家や版画家として活躍しながら、数学や美術理論も習得していた芸術家デューラーの住居兼仕事場で、見学が可能です。 また、ニュルンベルク最盛期の市民の住文化を今に伝える建物でもあります。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました