マインツ美術館 ©DZT (Jochen Keute)
選択

仲介の芸術:マインツ美術館

旧税関港の傍にある建物は、ベルリンの建築家ギュンター・ザンプ・ケルプの設計で改築されたもので、7度傾斜した展示室を備える、ひときわ高くて目立つ建物 ─ 緑色のガラスで覆われた、高さ21メートルの鉄筋コンクリート製建物 ─ が新たに加えられています。

マインツ美術館 (クンストハレ) は、現代美術の企画展を行うための施設として開設されました:美術品を収集するのではなく、むしろ時代に適合するものや ─ 時として ─ 対立するものを展示し、現代美術を仲介することが使命になっているのです。

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: