グーテンベルク博物館、マインツ
選択

“黒い芸術” :グーテンベルク博物館

グーテンベルク博物館は、 “黒い芸術” とも呼ばれた印刷術に関するもので、マインツ出身のヨハネス・ゲンズフライシュ・グーテンベルクの発明による活版印刷が紹介されています。

グーテンベルク生誕500年の1900年に、彼の生涯と業績に捧げる施設として開設されました。 この “印刷術の宝庫” では、印刷技術や製本術、端物印刷、蔵書票、図版、ポスター、紙、文字史などの部門を見学して、文字と印刷の発展のすべてを知ることができます。 ハイライトに数えられているのが、全時代を通じて最も美しい本のひとつとされる、有名なグーテンベルク聖書です。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました