ゼービュル・ノルデ財団
ゼービュル・ノルデ財団 ©Nolde Stiftung Seebüll
選択

ゼービュル・ノルデ財団

デンマークと北ドイツが接するところ、低湿地が広がる風景の中に、ゼービュルのドックが突き出ています。

ここでは、印象主義を代表する画家エミール・ノルデが、1927年から1956年まで暮らし、制作活動を行っていました。 ゼービュルは、彼が最も愛した土地であり、画家としてのノルデや彼の世界的に有名な作品を識るのに、これ以上の場所は存在しません。 一年単位で企画展が開催される、ノルデの歴史的な住居兼アトリエハウスが、彼自身の手による庭園が、そしてレストラン・ゼービュルが、のんびりとした滞在へと招きます。

開館時間:

3月から12月:毎日 10:00-18:00

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました