恐怖政治の見取図
恐怖政治の見取図 ©Bildwerk / Stiftung Topographie des Terrors
選択

恐怖政治の見取図

今日「恐怖政治の見取図」がある場所には、1933年から1945年まで、 “拘置施設” を持つ秘密国家警察 (ゲシュタポ) 本局が置かれていました。

さらに、親衛隊 (SS) 全国指導部と帝国保安本部もありました。 ベルリンでファシズムの時代を今に伝える、多数の記念館や記念碑、博物館の中でも、「恐怖政治の見取図」は “加害者の場所” という特別な意味を持っています。 首都の中心部において、親衛隊&警察国家に関する情報を “実際の場所” で伝え、ヨーロッパ規模のナチス恐怖支配を明らかにしているのです。

開館時間:

毎日 10:00-20:00

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました