ローマ・ゲルマン博物館、ケルン ©DZT (Kiedrowski, Rainer)
選択

歴史が見えてくる:ローマ・ゲルマン博物館

ローマ帝国の都市となり、下ゲルマニア属州の首都にまで発展したケルンの歴史を、生き生きと伝えているのがローマ・ゲルマン博物館です。

この博物館は、1941年に発掘されたローマ時代の都市邸宅 ─ 世界的に有名なディオニソス・モザイクがあった建物 ─ の外壁の上、 中世の皇帝居城の跡地に、1974年にオープンしました。 ケルン市の研究所と考古学文書保管所、公開コレクションがひとつになった施設です。 ローマ・ゲルマン博物館は、センセーショナルな展示コンセプトにより、ドイツで最も入場者の多い博物館に数えられています。

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: