BAP ─ ケルン地方の方言によるロック
選択

BAP ─ ケルン地方の方言によるロック

バンドリーダーでボーカルのヴォルフガング・ニーデッケンが方言で歌っているにもかかわらず、BAPの “ケルシュ・ロック” は世界中で理解されています。なぜなら、ニーデッケンが手本としているのがボブ・ディランとブルース・スプリングスティーンだからです ─ BAPの音楽も、彼ら同様にストレートでダイレクトなのです。

1976年にニーデッケン率いるBAPが ─ もちろんケルンで ─ 結成されました。彼がケルン訛りで歌うので、最初このバンドの活動は、小規模で地域的なものになると思われました。ところが、早くもサード・アルバム『Für usszeschnigge!』 (1981年) がドイツ・チャートの第1位になってしまいます。それから今日にいたるまで、さらに9枚のナンバーワン・アルバムが続き、計20曲がチャートの頂点に登り詰めました。BAPの “ケルシュ・ロック” は、ドイツ国内だけでなく、オーストリアやベルギー、ルクセンブルク、デンマーク、スイスでも高い人気を誇っています。これまでにはモザンビークやニカラグア、中国、ソ連 (1989年) へのツアーも行ってきました。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました