ベルリン放送合唱団 ─ ひとつの音楽機関
ベルリン放送合唱団 ─ ひとつの音楽機関
ベルリン放送合唱団 ©Matthias Heyde
選択

ベルリン放送合唱団 ─ ひとつの音楽機関

ドイツで最も成功を収めている混声合唱団 ─ それがベルリン放送合唱団です。数々のレコード関連賞 ─ その中には3度のグラミー賞といくつかのクラシック・エコー賞が含まれます ─ が、国際的なクオリティを証明しています。この合唱団は、2001年から英国人指揮者のサイモン・ハルセイに率いられています。

1925年に “Berliner Funkchor” として設立され、1973年にはベルリン・ソリスト協会とベルリン放送大合唱団の合併により再結成されました。当初から、多くの世界初演やベルリン初演を行って、大きな注目を集めてきました。これら初演作品には、ミヨーやヴァイル、そして戦後のバルトークやブーレーズ、ヘンツェ、オルフ、ペンデレツキ、プロコフィエフ、ショスタコーヴィチ、ストラヴィンスキーなど著名作曲家のものが含まれます。レパートリーの中心になっているのは、バッハからシェーンベルクにいたる、大規模な合唱作品です。1990年代以降は、ベルリン放送合唱団が作曲を依頼することもあります。これまで、ベルリンの主要オーケストラや世界最高レベルの指揮者たち ─ クレンペラーからサロネンに至る巨匠たち ─ と共演してきました。最近では、たとえば「一緒に歌うコンサート」といった特別プロジェクトを通して、頻繁にアマチュアと交流しています。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました