カール・マリア・フォン・ウェーバー
選択

カール・マリア・フォン・ウェーバー ─ ドイツ・ロマン派の先駆者

彼の最も有名な作品は、ドイツ・ロマン派オペラの音色と抑揚を基礎づけたとされる『魔弾の射手』です。この作品は、1821年にベルリンのジャンダルメンマルクト広場に面した劇場で、作曲家カール・マリア・フォン・ウェーバー (1786-1826) 自身の指揮によって初演されました。

彼は、芸術一家の出身です。両親は旅の音楽家で、従姉妹のコンスタンツェは1782年以来モーツァルトの妻になっていました。カール・マリア・フォン・ウェーバーが生まれたのは、オイティンという町です。この町では、今でも彼の生家を目にできますし、 “カール・マリア・フォン・ウェーバーの森” には記念碑も立っています。オイティン音楽祭は、はやくも11歳で初めてのオペラを書き上げたという、ウェーバーの作品が中心になります。

ウェーバーは、ブレスラウやプラハといった都市でカペルマイスター (楽長) や歌劇場総監督を務め、今日のオーケストラにおいては当然とみなされている、様々な組織運営方法を導入しました。1817年にウェーバーは、市内ホスターヴィッツ地区に夏の別荘を持っていたドレスデンで、歌劇場総監督の職を得ます。別荘だった建物の中には、今日カール・マリア・フォン・ウェーバー博物館が入っています。そしてドレスデンの劇場広場には、ウェーバーの記念碑が立っています。

彼の最後のロマン派オペラ『オベロン』は、ロンドンのオペラハウスとの契約によって作曲されたため、リブレット (台本) は英語で書かれました。すでに結核に冒されていたウェーバーは、ロンドンで自ら初演を指揮し、その数週間後に亡くなりました。その棺は、1844年にドレスデンに運ばれ、旧カトリック墓地に埋葬されています。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました