シュッツからオルフまで:ドイツは作曲家の国です

作家のトーマス・マンが1943~1947年に、ドイツ人の魂をテーマに長編小説を書いたとき、主人公となったのは作曲家でした。というのも、バロックの時代からドイツは、音楽芸術の中心地と見なされてきたからです。 “ドイツ3大B” と呼ばれる、バッハとベートーヴェン、ブラームスは、氷山の一角に過ぎません。

Between 1943 and 1947 the author Thomas Mann wrote a novel about the German psyche. The profession of his main character? A composer. Germany has been a focal point of music composition since the baroque period. The three Bs – Bach, Beethoven, Brahms – are just the tip of the iceberg.

フェリックス・メンデルスゾーン・バルトルディ (1809-1847) は、生前から反ユダヤ主義的な中傷に苦しんでいました。さらにナチスは、メンデルスゾーンの作品さえも禁止しました ─ もっとも彼の『ヴァイオリン協奏曲』と『夏の夜の夢』の代替になるものは見つけることができませんでした。

もっと

ザクセン地方出身のリヒャルト・ワーグナー (1813-1883) は、盛期ロマン派で最も影響力があった作曲家で、壮大な楽劇の創造者として今日なお世界的な名声を博しています。

もっと

彼は、42のオペラと25のオラトリオを作曲しました。その中には、「ハレルヤ・コーラス」で有名な『メサイア』も含まれます。しかしながらヘンデル (1685-1759) は、英国王ジョージ1世とジョージ2世のために作曲した、『水上の音楽』と『王宮の花火の音楽』でもよく知られています。

もっと

彼の最も有名な作品は、ドイツ・ロマン派オペラの音色と抑揚を基礎づけたとされる『魔弾の射手』です。この作品は、1821年にベルリンのジャンダルメンマルクト広場に面した劇場で、作曲家カール・マリア・フォン・ウェーバー (1786-1826) 自身の指揮によって初演されました。

もっと

彼は完全主義者で、度を超して自己批判的と見なされていました。一生の間独身だったヨハネス・ブラームス (1833-1897) は、時代の流行を軽蔑し、長い間評価されるような音楽を作曲しようとしていたのです。たとえば、オペラのような “人気もの” は、決して書こうとはしませんでした。

もっと

彼は、現代的な編曲や新しい音色における巨匠でした。作曲家のリヒャルト・シュトラウス (1864-1949) は、『サロメ』や『エレクトラ』といったオペラ、『アルプス交響曲』や『ツァラトゥストラはかく語りき』といった交響詩によって、世界的な名声を博しました。

もっと

『魔笛』や『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』の作曲家ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト (1756-1791) は、愛すべき人物です。彼は、ウィーン古典楽派に全盛期をもたらし、音楽史上最も魅力的とされるメロディをいくつも残しました。

もっと

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました