シュッツからオルフまで:ドイツは作曲家の国です

作家のトーマス・マンが1943~1947年に、ドイツ人の魂をテーマに長編小説を書いたとき、主人公となったのは作曲家でした。というのも、バロックの時代からドイツは、音楽芸術の中心地と見なされてきたからです。 “ドイツ3大B” と呼ばれる、バッハとベートーヴェン、ブラームスは、氷山の一角に過ぎません。

多くの人々にとってヨハン・ゼバスティアン・バッハ (1685-1750) は、歴史上最大の作曲家です。『マタイ受難曲』や『ブランデンブルク協奏曲』、『平均律クラヴィーア曲集』……バッハの音楽は、今日まで音楽家たちにインスピレーションを与え続けてきました。

もっと

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました