バロック歌劇の巨匠:ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル
バロック歌劇の巨匠:ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル
ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル ©Stiftung Händel-Haus

バロック歌劇の巨匠:ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル

彼は、42のオペラと25のオラトリオを作曲しました。その中には、「ハレルヤ・コーラス」で有名な『メサイア』も含まれます。しかしながらヘンデル (1685-1759) は、英国王ジョージ1世とジョージ2世のために作曲した、『水上の音楽』と『王宮の花火の音楽』でもよく知られています。

ヘンデルは、ヨハン・ゼバスティアン・バッハと同じ年に、わずか150キロメートルしか離れていない場所 (ハレ・アン・デア・ザーレ) で生まれました。ヘンデルが故郷ハレを離れたのは18歳の時でしたが、町中の至る所でヘンデルの思い出に触れることができます。

たとえば毎年6月には、1998年オープンのゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル・ホールを中心に、ヘンデル音楽祭が開催されます。生家のヘンデル・ハウスには、1948年以来音楽博物館が入っています。そして町のマルクト広場の中央には、当然のようにヘンデルの記念碑が立っています。この銅像は、西 ─ 彼がキャリアの頂点を迎えたロンドンの方角 ─ を向いています。

そもそもヘンデルが音楽を生涯の職業にできたのは、7歳のヘンデルのオルガン演奏を聴いた、ザクセン=ヴァイセンフェルス公爵の口利きがあったからです。ヴァイセンフェルスのアウグストゥスブルク宮殿に掲げられた記念プレートは、このエピソードを今に伝えています。

ヘンデルは、オペラ作曲家としての最初の成功を、ハンブルクで祝いました。オペラ処女作『アルミーラ』が初演されたとき、ヘンデルはまだ20歳にもなっていませんでした。彼のオペラは英国で最も好まれたため、その地で50年近く過ごすことになります。当然なことに英国は、彼らの “ジョージ・フリデリック・ハンデル” を誇りに思っています。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました