ロベルト・シューマン ©Leipzig Tourismus und Marketing GmbH (Brzoska)

ロベルト・シューマン ─ “ドイツのショパン”

ロベルト・シューマン (1810-1856) は、ドイツ・ロマン派に典型的な作曲家であり、とりわけピアノ曲と歌曲で知られています。ロマンチックな悲劇性は、芸術家としてのテーマのみにとどまらず、自身の早すぎる死にも反映されています。

彼は、現在のシューマン・ハウス (ツヴィッカウ) で誕生し、音楽の世界への第一歩を踏み出しました。しかしながら、手の硬化により、まだ若くしてピアニストになる夢を諦めなくてはなりませんでした。仕方なく彼は、作曲と音楽評論に集中しました。シューマンが創刊した『新音楽時報』は、今日まで出版され続けています。

シューマンはライプツィヒで、生涯の恋の相手である、ピアニストのクララ・ヴィークと結婚し、彼女の父親フリードリヒ・ヴィークから激怒されました。若き夫婦が1840年から1844年にかけて暮らし、交響曲第1番『春』が生まれた、ライプツィヒのシューマン・ハウスは、現在は博物館やイベント会場、学校として利用されています。

彼は、愛するザクセン地方に適当な職を得られなかったため、1850年に家族と共にラインラント地方へ赴き、デュッセルドルフの音楽監督に就任しました。しかしながら、間もなく彼の体調が思わしくなくなります。自殺未遂の後、1854年にはボンの療養所 ─ 今日のシューマン記念館 ─ に収容されました。シューマンは、妻のクララと共に、ボンの旧墓地に眠っています。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました