『ヒンテルン・ホリゾント』、ベルリン ©Stage Entertainment
選択

『ヒンテルン・ホリゾント』

『ヒンテルン・ホリゾント (直訳:地平線の向こう側) 』は、 “東ベルリンの少女” をめぐる感動的なストーリーです。かつて壁があった、まさしくその場所 ─ ベルリンのポツダム広場劇場 ─ で、ドイツが分断されていた時代を伝えています。ミュージカルとシアター、そしてロック・ショー ─ 人気ロッカーであるウド・リンデンベルクの26ヒット曲 ─ を組み合わせて、エンターテインメントのスタイルでドイツ現代史を紹介しているのです。

『ヒンテルン・ホリゾント』では、フィクションとノンフィクションが交差しながら、夢を紡ぎ出しています。ウド・リンデンベルクは、東ドイツでコンサート開催を許可された、西ドイツで初めてのロック・ミュージシャンでした。1983年に彼が共和国宮殿に登場すると、観客たちは涙を流して、国家公安局の局員たちは汗まみれになり、そして “東ベルリンの少女” との運命的な恋物語が生まれました。ウドは、ドイツ青年同盟所属の少女ジェシーと知り合い、恋に落ちます。ドイツの東西分割もあって、将来が壁と鉄条網で隔てられているような恋でした。当時はまだ……。

かつて壁がドイツを分割していた、まさしくその場所 ─ ポツダム広場劇場 ─ では、毎晩1,800人の観客がドイツの統一を、様々な印象的シーン、ありとあらゆる感情、そして有名ロック・ミュージシャンであるウド・リンデンベルクのヒット曲と共に、再び体験しています。それは、まるでエンターテインメントで満たされた “歴史の講義” です。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました