音楽界のアイザック・ニュートン:ヨハン・ゼバスティアン・バッハ
音楽界のアイザック・ニュートン:ヨハン・ゼバスティアン・バッハ
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ ©Bach-Archiv Leipzig (Clemens Buchwald)
選択

音楽界のアイザック・ニュートン:ヨハン・ゼバスティアン・バッハ

多くの人々にとってヨハン・ゼバスティアン・バッハ (1685-1750) は、歴史上最大の作曲家です。『マタイ受難曲』や『ブランデンブルク協奏曲』、『平均律クラヴィーア曲集』……バッハの音楽は、今日まで音楽家たちにインスピレーションを与え続けてきました。

ヨハン・ゼバスティアン・バッハは、音楽一家に生まれました。バッハ家は、家業がパン屋 ─ バッハという名字はパン屋 Bäcker から来ています ─ だった16世紀にはすでに、熱心に音楽を演奏していました。バッハの出生地アイゼナハでは、1907年に博物館としてオープンしたバッハ・ハウスが、作曲家の生涯と活動を今に伝えています。

バッハは、アルンシュタットとミュールハウゼン、ワイマールで職に就いた後、1717年から1723年までケーテンの宮廷楽長を務めました。ケーテン時代には、最初の妻マリア・バーバラが亡くなり、アンナ・マグダレーナと結婚しています。2人は、いずれも卓越した歌手でした。ケーテンでは、『ブランデンブルク協奏曲』6曲や『平均律クラヴィーア曲集』第1巻など、バッハの有名な作品がいくつか生まれています。

1723年にバッハは、ライプツィヒのトーマスカントル (トーマス教会音楽監督) に就任し、亡くなるまで市の教会音楽に関わり続けました。この地で彼は、大規模なオラトリオやミサ曲、そしてカンタータのほとんどを作曲しています。ライプツィヒには、2つのバッハ記念碑 (いずれもトーマス教会の近く) の他にも、2010年オープンのバッハ博物館やバッハ資料館があり、バッハ音楽祭が毎年開催されています。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました