ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン ©Beethoven Haus Bonn
選択

ライン地方出身の偉大なる夢想家:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン (1770-1827) は、古典楽派の “怒れる巨人” と目されています。とはいえ、ボンの “偉大なる息子” は、運命的な『交響曲第5番』だけでなく、感動的な『エリーゼのために』も作曲しました。また、『交響曲第9番』の「歓喜」のメロディは、1972以来「欧州の歌」になっています。

ベートーヴェンの祖父や父も、ケルン選帝侯領のボン宮廷楽団の歌手として活動していました。ルートヴィヒは、この楽団の団員たちから音楽の教育を受け、7歳の時にはボンでピアニストとしてのデビューを飾ります。宮廷楽団の楽長自らが、少年時代の彼を “第2のモーツァルト” と呼んだというエピソードが残っています。

1792年にベートーヴェンは、ヨーゼフ・ハイドンの下で学ぶべく、故郷を離れました。ウィーンでは、彼の有名な作品の全てが生まれています:9つの交響曲と5つのピアノ協奏曲、32のピアノソナタ、16の弦楽四重奏曲、そしてもちろんオペラの『フィデリオ』です。ベートーヴェンは、決して宮廷の職に就かなかったため、市民階級の象徴や夢想家として人気を集めました。決然とし、しばしば英雄的な音楽は、今日に至るまで革命的なヒューマニズムを表現したものと理解されています。ベートーヴェン唯一のオペラ作品が、専制君主の暴力からの市民の英雄の解放をテーマにしていることは、理由のないことではないのです。

ベートーヴェンの故郷ボンでは、今なお彼の息吹が感じられます。生家のベートーヴェン・ハウスは、ライン河畔の町のトレードマークとも言うべき存在です。そして、ミュンスター広場のベートーヴェン記念碑や “ベートン” 像、毎年開催されるベートーヴェン音楽祭、ベートーヴェン・オーケストラ・ボンなどが、偉大な作曲家を思い出させています。そして、ボンのコンサートハウスには、もちろんベートーヴェン・ホールという名前が付いています。ベートーヴェン博物館は、母親の生家 (コブレンツ) にも存在します。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました