華やかな雰囲気の中で:コンサート&オペラハウス

クラシック音楽は、あらゆる感覚に何かしらの体験をもたらします。たとえばコンサート&オペラハウスでは、舞台と客席だけでなく、ファサードや内部空間もまた、独特の雰囲気や魅力を伝えます。音楽的にも建築的にも、現在と過去が様々な方法で出会う場所なのです。
ガスタイク・ミュンヘン

1985年以来イザール川岸の高台に、ミュンヘンの文化・教養センターであるガスタイクが聳えています。この煉瓦造りの建物は、中に市立中央図書館や市民大学が入っており、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の本拠地にもなっています。1日6千人が訪れる開放的な施設で、フィルハーモニー管弦楽団が使用する大ホールの他にも、3つのコンサートホールと多数の教室・多目的ルームを備えています。

マイスタージンガーハレ

ニュルンベルクでは、多数のコンサートホールが第二次世界大戦で破壊されたため、1963年に新たな文化&コングレスセンターがオープンしました ─ それがルイトポルトハインのマイスタージンガーハレです。ニュルンベルクの合唱団&オーケストラが出演している他に、ロックやジャズのコンサート、会議、党大会なども開催されています。ガラス張りの大ロビー、そして面積300平方メートルにも及ぶ、銅製の壁レリーフが特徴的な建物です。

ケルン・フィルハーモニー

市内でケルン・フィルハーモニーのシルエットを探しても、なかなか見つかりません。というのも、この建物 ─ 1986年にオープンしたコンサートホール ─ は、ハインリヒ・ベル広場の下、歩行者道とSバーン (都市鉄道) の間に隠れてしまっているからです。ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団とケルンWDR交響楽団が、ケルン・フィルハーモニーを拠点としています。また、ニューヨーク・フィルハーモニックやピエール・ブーレーズといった、世界的に有名なオーケストラや指揮者がこれまで客演しています。

ベルリン・ドイツ・オペラ

1912年にオープンしたベルリン・ドイツ歌劇場は、1943年の爆撃で破壊されてしまいました。1961年建設の壮大で実用本位な建物は、ベルリン・ドイツ・オペラと名付けられ、今日まで市内最大のオペラハウスであり続けています。大がかりな歌劇 ─ ワーグナーやヴェルディ、プッチーニなど ─ を得意としていますが、ヘンツェやカーゲル、リームらの作品の初演も行ってきました。ベルリン・ドイツ・オペラ付属のオーケストラと合唱団も、高い評価を得ています。

ポツダム・ニコライホール

ポツダムのニコライホールは、プロテスタント派ニコライ教会の教区民ホールとして、1909年に落成しました。1945年に甚大な被害を受けましたが、戦後もコンサートホールや放送スタジオとして使用されてきました。ニコライホールは、2000年になってはじめて建築学的なリニューアルが施され、コンサート&イベントハウスとして再オープンしました。ブランデンブルク国立管弦楽団やバーベルスベルク・ドイツ・フィルム管弦楽団などが本拠地にしています。

ベルリン・フィルハーモニー

旧フィルハーモニーが第二次世界大戦中に破壊された後、1963年にベルリン・フィルハーモニー管弦楽団は、ティアガルテンの近くに新たな拠点を得ます。建築家ハンス・シャロウンによる左右非対称の建物は、巨大なテントのようにも見えるので、「カラヤン・サーカス」というあだ名を付けられました。ベルリン・フィルハーモニーは、西ベルリン (当時) のランドマークとなり、今日ではベルリン文化フォーラムの一部を形成しています。

ドレスデン・ゼンパー・オーパー

1869年の火災による焼失、1945年の爆撃による破壊、2002年の大洪水による被害……ドレスデンの伝説的な歌劇場ゼンパー・オーパーの歴史は、決して平坦なものではありませんでした。建築家ゴットフリート・ゼンパーが、ルネサンス風の化粧漆喰を多用して建設したゼンパー・オーパーは、第二次世界大戦後に再開するまで40年もの歳月を要しました。現在は、ザクセン州立シュターツカペレ・ドレスデンが本拠地にしています。

ライプツィヒ・ゲヴァントハウス

1781年にライプツィヒのコンサート協会が、ゲヴァントハウス (以前織物取引会場だった建物) に移り、以来ゲヴァントハウス管弦楽団と名乗るようになりました。現在のゲヴァントハウス ─ アウグストゥス広場にある、ヨーロッパ最大の天井画が描かれたコンサートハウス ─ は、3代目の建物です。指揮者クルト・マズアの尽力によって1981年にオープンし、1989年のライプツィヒ市民運動の際にも注目を集めました。

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: