クラシック音楽のオーケストラ ─ 偉大な伝統

今日ドイツには、50余りの大規模交響楽団とほぼ同数の室内&青少年オーケストラが存在します。これらの楽団には、数十年ないしは数百年の伝統があります。有名な作曲家や指揮者、ソリストたちが、ドイツのオーケストラに高い音楽性を求め続けてきました。
バイエルン国立管弦楽団

国立歌劇場と国立バレエで演奏している、ミュンヘン最古のオーケストラです。バイエルン国立管弦楽団の歴史は、16世紀のミュンヘン宮廷楽団にまで遡ります。1653年の初めてのオペラ上演、ワーグナー4作品の初演、1875年のオペラ・フェスティバル開催が、このオーケストラの偉大な伝統を象徴しています。現在の音楽監督 (GMD) は、日系アメリカ人のケント・ナガノで、2013年にはキリル・ペトレンコが引き継ぐ予定です。

シュトゥットガルト放送交響楽団

アメリカ占領軍のイニシアティブで設立されたシュトゥットガルト放送局は、早くも1945年に専属オーケストラを持つことになります。それが今日のシュトゥットガルト放送交響楽団です。セルジウ・チェリビダッケとサー・ネヴィル・マリナー、サー・ロジャー・ノリントンが首席指揮者を務めた他に、ストラヴィンスキーやブーレーズ、ペンデレツキといった著名作曲家も指揮者として客演しました。このオーケストラは、定期的にシュヴェツィンゲン音楽祭に参加しており、2010年には第9回目となるアジア公演旅行も行っています。

バイエルン放送交響楽団

1949年創立のバイエルン放送交響楽団は、世界のトップ・オーケストラのひとつとして何度も表彰されています。とりわけK.A. ハルトマンがスタートした「ムジカ・ヴィヴァ」 ─ 数々の初演を含む現代音楽シリーズ ─ によって、オーケストラの名声が高まりました。オイゲン・ヨッフムやラファエル・クーベリック、サー・コリン・デイヴィス、ロリン・マゼールといった歴代首席指揮者たちと現職のマリス・ヤンソンスが、常に最高レベルのクオリティを保証してきました。

ベルリン放送交響楽団

ベルリン放送交響楽団は、ラジオ黎明期の1925年に設立されました。初期にはヒンデミットやミヨー、シェーンベルク、ストラヴィンスキーらが指揮者として客演しています。第二次世界大戦後にベルリン放送交響楽団 (RSO) は、DDRラジオ放送局のオーケストラになりました。 現在はドイツラジオと協力関係にあります。また、前世紀から今世紀にかけての、数々の優れたCD録音により表彰を受けています。

ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

楽団員の数では世界最大のプロ・オーケストラであり、 (宮廷楽団ではなく) 市民楽団の伝統を持つものとしては、ドイツ最古のコンサート・オーケストラです。ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団は、モーツァルトやショパン、シューマン、ワーグナーといった偉大な作曲家たちと共演し、多数の交響曲 ─ ベートーヴェンからシュニトケまで ─ の初演を行ってきました。1781年以来の伝統を持つゲヴァントハウス・カペルマイスター (楽長) の第19代には、イタリア人のリッカルド・シャイーが就任しています。

ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団

ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団は、文化宮殿が本拠地ですが、市内の教会やアルベルティヌム、シャウシュピールハウス (劇場) 、ドイツ衛生博物館でも演奏を行っています。1870年に始まる、このオーケストラの栄光に満ちた歴史は、カール・シューリヒトやクルト・マズアといった、歴代首席指揮者たちの名前が証明しています。アジアや北米、中米、南米への公演旅行、そしてシュニトケの交響曲第9番の初演 (2008年) が、最近のハイライトとなっています。

ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団

ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団は、1893年に設立されました。1944年までは、トュルケン通りに専用コンサートホールを持ち、マーラーやブルックナーの作品を多数初演しました。1985年からはフィルハーモニー・ガスタイクを本拠地として、チェリビダッケやレヴァイン、ティーレマン、そしてロリン・マゼール (2012年~) といった有名な首席指揮者の下で活動しています。ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団は、ドイツの公式音楽大使として何度も外国へ公演旅行を行っています。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

1882年にベルリン・ウンターハルトゥング・オーケストラから生まれた交響楽団で、国際的に表彰された回数がドイツで最も多く、中でもグラミー賞を9回受賞しています。初期には、ブラームスやチャイコフスキー、グリークといった作曲家たちも、客演指揮者を務めました。1963年以来ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団は、ティアガルテンのベルリン・フィルハーモニーを本拠地にしています。このオーケストラは、CD時代のパイオニア (ヘルベルト・フォン・カラヤンが終身指揮者だった時代) として、あるいはユニセフ大使 (首席指揮者サー・サイモン・ラトルの時代) として、世界的に広く知られています。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: