クラシック音楽のオーケストラ ─ 偉大な伝統

今日ドイツには、50余りの大規模交響楽団とほぼ同数の室内&青少年オーケストラが存在します。これらの楽団には、数十年ないしは数百年の伝統があります。有名な作曲家や指揮者、ソリストたちが、ドイツのオーケストラに高い音楽性を求め続けてきました。

There are currently around 50 grand symphony orchestras in Germany – and about as many chamber and youth orchestras. The history of these ensembles goes back decades, if not centuries. Great composers, conductors and soloists have all contributed to the success of Germany's orchestras.

ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団

ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団は、1893年に設立されました。1944年までは、トュルケン通りに専用コンサートホールを持ち、マーラーやブルックナーの作品を多数初演しました。1985年からはフィルハーモニー・ガスタイクを本拠地として、チェリビダッケやレヴァイン、ティーレマン、そしてロリン・マゼール (2012年~) といった有名な首席指揮者の下で活動しています。ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団は、ドイツの公式音楽大使として何度も外国へ公演旅行を行っています。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

1882年にベルリン・ウンターハルトゥング・オーケストラから生まれた交響楽団で、国際的に表彰された回数がドイツで最も多く、中でもグラミー賞を9回受賞しています。初期には、ブラームスやチャイコフスキー、グリークといった作曲家たちも、客演指揮者を務めました。1963年以来ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団は、ティアガルテンのベルリン・フィルハーモニーを本拠地にしています。このオーケストラは、CD時代のパイオニア (ヘルベルト・フォン・カラヤンが終身指揮者だった時代) として、あるいはユニセフ大使 (首席指揮者サー・サイモン・ラトルの時代) として、世界的に広く知られています。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました