ディー・トーテン・ホーゼン ─ ウィットの効いたパンク

ディー・トーテン・ホーゼン ─ ウィットの効いたパンク

ボーカル&作詞担当のカンピーノ (本名アンドレアス・フレーゲ) を中心とするディー・トーテン・ホーゼンは、ドイツで最も成功したパンク・ロック・バンドに数えられています。その社会風刺は、時にカバレットの特徴を持つことがあります ─ たとえば「Eisgekühlter Bommerlunder」や「Kein Alkohol ist auch keine Lösung」などです。

ディー・トーテン・ホーゼンは、1982年にデュッセルドルフで結成され、その翌年にファースト・アルバムを発表しています。間もなくフランスとスペイン、イングランドへのツアーを行い、90年代にはアルゼンチンやカナダ、アメリカ合衆国まで足を伸ばしました。そして、これらの国々の言語でも曲が作られています。バンドは、1990年の『Auf dem Kreuzweg ins Glück』で初めてアルバム・チャートの第1位に輝き、その後も7枚のナンバーワン・アルバムをリリースしています。1996年のシングル「Zehn kleine Jägermeister」は、彼らの最大のヒットとなりました。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました