アインシュテュルツェンデ・ノイバウテン ─ 黙示録を連想させるサウンド

アインシュテュルツェンデ・ノイバウテン ─ 黙示録を連想させるサウンド

叩いて音を出すのに都合の良いスクラップや日用雑貨が、このバンドのトレードマークです。アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンでは、終末的なサウンドとノリの良いステージ・パフォーマンスが結びついています。

1980年に当時の西ベルリンで ─ 元々は一度限りのステージのために ─ 結成されました。ボーカルのブリクサ・バーゲルト (本名クリスティアン・エマリヒ) が、当時のパンク&インダストリアル・シーンからインスピレーションを得て、実験的なアンサンブルを作ったのです。80年代のN.U.ウンルーとFMアインハイト ─ いずれもアインシュテュルツェンデ・ノイバウテンのファンタジー溢れるパーカッション ─ には、熱狂的な崇拝者まで現れました。このバンドのポスト・インダストリアル的なサウンド・ヴィジョンは、アヴァンギャルドな舞台や映画、芸術などに大きな貢献をしています。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました