ボニーMからラムシュタインまで:ドイツのポップ&ロック

アメリカはロックンロールを、イギリスはビート・ミュージックを生みました。とはいえドイツも、再三にわたってポップ&ロック・シーンに強烈なインパクトを与えています。たとえば、70年代にはサイケデリックな “クラウトロック” が、インターナショナルなトレードマークになっていました。 “ミュンヘン・ディスコ” は、ダンス・ポップの幅を広げ、テクノ・スタイルの先駆となりました。そして、ドイツ発のパンクやハードロック、エレクトロニカは、世界規模で人気を博しています。

スコーピオンズは、「Still Loving You」や「Send Me An Angel」、そしてもちろん「ウィンド・オブ・チェンジ Wind Of Change」といった曲によって、 “ロック・バラードのマイスター” とも呼ばれています。彼らのアルバム『禁断の刺青 Love At First Sting』 (1984年) は、アメリカでトリプルプラチナ・ヒットを記録しました。

もっと

ラムシュタインは、獰猛なボーカルと全体主義的な雰囲気を漂わせるジェスチャー、セックスや暴力をテーマとした挑発的なテクストで、繰り返し物議を醸してきました。1997年以来、彼らのアルバムは全てドイツ・チャートの第1位に輝いています。

もっと

彼らの挑発的なパンク風ユーモアは、決して誰からも好まれるものではありません。ディー・エルツテのデビュー・アルバム『Debil』 (1984年) は、20年間も発禁になっていましたし、他にも2枚が今なお発禁リストに入っています。しかしながら、この “小生意気な3人組” のグループは、1993年の再結成以来大きな成功を収めています。

もっと

彼の真摯で、責任感が強く、オープンな性格は、幅広い共感を呼んでいます。グレーネマイヤーは、大ヒット・アルバム『Mensch』 (2002年) 以降も、ドイツ国内で3曲のナンバーワン・ヒットを飛ばしました。その中には、2006年ワールドカップ・ドイツ大会のための曲「Zeit, dass sich was dreht」が含まれます。

もっと

モダン・トーキングは、ディーター・ボーレン ─ 作曲と作詞、演奏、ボーカルを担当 ─ とトーマス・アンダース ─ リードボーカルとして高音域を担当 ─ によるデュオ・グループです。2人は、覚えやすいダンス・ポップ・ソングからコンピューター・ビートまで、計1億枚以上のアルバム&シングルを売り上げました。

もっと

カンは、はやくも70年代初めには ─ 少なくともイギリスの批評家たちから ─ ヨーロッパ最先端のロック・バンドと見なされていました。このバンドの実験音楽シーンへの影響力は、今日なお残っています。

もっと

2010年に彼女は全ヨーロッパを魅了しました:19歳の学生だったレナ・マイヤー=ランドルートは、オスロのユーロビジョン・ソング・コンテストで「Satellite」を歌い、優勝に輝いたのです。この曲は、ノルウェーやスウェーデン、フィンランド、デンマーク、スイスのヒット・チャートで第1位を記録しました。

もっと

叩いて音を出すのに都合の良いスクラップや日用雑貨が、このバンドのトレードマークです。アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンでは、終末的なサウンドとノリの良いステージ・パフォーマンスが結びついています。

もっと

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: