ボニーMからラムシュタインまで:ドイツのポップ&ロック

アメリカはロックンロールを、イギリスはビート・ミュージックを生みました。とはいえドイツも、再三にわたってポップ&ロック・シーンに強烈なインパクトを与えています。たとえば、70年代にはサイケデリックな “クラウトロック” が、インターナショナルなトレードマークになっていました。 “ミュンヘン・ディスコ” は、ダンス・ポップの幅を広げ、テクノ・スタイルの先駆となりました。そして、ドイツ発のパンクやハードロック、エレクトロニカは、世界規模で人気を博しています。

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: