タンジェリン・ドリーム ─ 壮大なハーモニー

タンジェリン・ドリーム ─ 壮大なハーモニー

熱狂的で瞑想的なシンセサイザーの音色が、ファンタジーを呼び起こします。何年も前からタンジェリン・ドリームは、『卒業白書』や『レジェンド/光と闇の伝説』 (いずれもトム・クルーズ主演) といったヒット映画のサウンドトラックを担当してきました。

ギタリスト兼キーボード奏者のエドガー・フローゼを中心とするグループは、1967年に当時の西ベルリンで結成されました。タンジェリン・ドリームは、アルバム『フェードラ』 (1974年) でブレイクし、初めて外国から招待を受けます。交響楽的な力強さと秘密めいた美しさに溢れる電子音によって、バンドの名前は間もなく世界中に知れ渡るようになりました。90年代には、5枚のアルバムがグラミー賞のニューエイジ部門にノミネートされています。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました