クサヴィア・ナイドー ─ ドイツのソウル・ボイス

クサヴィア・ナイドーは、ソウルフルな歌唱とクールな装い、ポジティブな言動で、ドイツのポップ・シーンにおける重要な “声” になりました。『Nicht von dieser Welt』 (1998年) 以降、彼のスタジオ・アルバムは全てドイツ・チャートの第1位に輝いています。

アジアとアフリカにルーツを持つナイドーは、1971年にマンハイムで生まれました。彼は、コブラという芸名を用いて、ファースト・アルバムをアメリカ合衆国でリリースしています。クサヴィア・ナイドーは、ゴスペルやソウル、R&B、ヒップホップから強い影響を受け、これらのジャンルのミュージシャンたちと頻繁に共演しているのです。1995年にはゼーネ・マンハイムス (直訳:マンハイムの息子たち) というグループを結成し、4枚のアルバムを発表しています。彼の書く歌詞は、これまで何度も賞を受けました。2003年以降は、『Ich kenne nichts』と『Danke』、『Das hat die Welt noch nicht gesehen』の3曲がナンバーワン・ヒットになっています。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました