新旧宮殿エルミタージュ ─ バイロイトでロマンチックな散策を。
バイロイト

新旧宮殿エルミタージュ ─ バイロイトでロマンチックな散策を。

バイロイトの新旧宮殿エルミタージュは、18 世紀の様々な建築物と庭園の印象的な組み合わせからなっています。 庭園は、1735年からヴィルヘルミーネ辺境伯によって造られ、ロマン主義的な風景庭園に拡張されました。

バイロイトの新旧宮殿エルミタージュでは、ヴィルヘルミーネ辺境伯自身による、様々な時代の建築物とロマン主義様式の公園風景との、他に類を見ない組み合わせが期待できます。 敷地内を散策しながら、噴水を眺めたり、新旧宮殿に感嘆したり、太陽の神殿や劇場廃墟に驚嘆したり、夢想的な洞窟を発見できるのです。 1715年にゲオルク・ヴィルヘルム辺境伯が建造した旧宮殿の中には、「音楽の間」、豊かな内装が施された「日本の間」、同じく手間をかけて整えられた「中国風鏡の間」 ─ ヴィルヘルミーネ辺境伯が回想録を記した小部屋 ─ があります。 敷地内の宝石となるのは、1749年から1753年にかけて建てられた新宮殿です。 アーケードが設けられた、楕円形の建物は、全てロココ様式で仕上げられています。 2つの翼棟の間には、屋根からアポロが見下ろしている、太陽の神殿があります。 同じく1840年代中頃に ヴィルヘルミーネ辺境伯は、劇場の廃墟を造りました。 彼女は、この手の建築物の考案者とされています。 1982年以来ここでは、夏期に再び公演が行われています。 バイロイト音楽祭を訪れるなら、豪華な辺境伯オペラハウスを見逃すことはできません。 この建物は、王女フリーデリケとヴュルテンベルク公カール2世 オイゲンの結婚式に合わせて、1748年に落成式が行われました。 さらなるハイライトとなるのはフォンテズィー宮殿です。これは、ヴィルヘルミーネ辺境伯の娘にしてヴュルテンベルク公爵夫人だった、エリザベート・フリーデリケ・ゾフィーの夏の離宮です。彼女は、この独創的な造園芸術による牧歌的な施設を、1763年に相続しました。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました