ブレーメン市民公園

ブレーメン市民公園 大きくて小さなパラダイス

ブレーメン市民公園は、人間の手によって市内にもたらされた自然の成功例 ─ 202ヘクタールの大きくて小さなパラダイス ─ なのです。

宮殿や宮殿公園、レジデンツがない都市では、市民たちはどうしているのでしょう? 都市としてのブレーメンは、19 世紀に急成長を遂げましたが、土地が乏しく、都市政府にはお金がありませんでした。 当時の勇気のある人々は、積極的に活動し、自分たちで緑のオアシスを創り出しました。 今日のブレーメン市民公園は、個人の資金で運営されている市民公園としては、ドイツ最大のものです。 2600人の協会員 (と多数の寄付者) が、熱心に公園に携わっており、今日まで19 世紀の造園作品の成功例のひとつになっています。 古い大木による森林、広々とした芝生、小川、噴水、橋、湖が、ロマンチックな魅力に溢れる、情緒豊かな “緑の絵画” を創り出しているのです。 幾何学的な構成が、曲がりくねった道に遮られ、絶えず新鮮な眺めを楽しめます。 穏やかな水の流れと小さな池とが、訪問者に「ひと息つかせ」ながら、絶えず変化し続けているような印象を抱かせます。 自然学習遊歩道や体験遊歩道の15地点では、発見の旅に出た大人と子供の冒険家たちが、植物や動物、その生活圏についての情報を集めています。 公園内は、徒歩や自転車、ボートで移動したり、楽しんだりできます。 その絵のような美しさは1900年頃の建築物、たとえばスイス風のスタイルで建てられたレストラン「マイアライ」によって高められています。 “エマ湖のカフェハウス” は、早くも1867年にはコーヒーショップとして運営されていました。 第二次世界大戦で完全に破壊された後、1960年に再建・再オープンしました。 エクスカーション 芸術家の村ヴォルプスヴェーデは、ブレーメンから程近い “トイフェルズモール (悪魔の湿原の意)” の真ん中にあります。 19 世紀の終わり頃から今日に至るまで、ヴォルプスヴェーデは芸術家の村として有名です。 ブレーマーハーフェンにもまた、数多くの観光スポットや博物館、美術館、新旧の港、そして海辺の動物園から海運博物館に至る体験マイルがあります。 ブレーメン旧市街のすぐ近くには、重要な美術館であるクンストハレ・ブレーメンがあり、特別展で高い評価を受けています。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました