ビュッケブルク宮殿

ビュッケブルク宮殿。 壮大な霊廟が併設された珠玉。

ニーダーザクセン州のビュッケブルク宮殿は、今日もシャウムブルク・リッペ侯爵家の居城であり、シャウムブルガー・ラント地方で最も魅力的な建築物に数えられていますいます。

ビュッケブルク城が初めて記録に現れたのは14 世紀ですが、ルネッサンス様式による4翼式の宮殿になったのは、16世紀 中葉のことです。 1732年に宮殿が火災にあった後、ファサードと内装が初期バロック様式で再建され、新たな翼棟がネオバロック様式とネオロココ様式で造られました。 ビュッケブルク宮殿は、典型的なルネッサンス様式の要素を備えています。 その中には、たとえば円形の飾りがついた切妻建物、そして渦巻き状や貝状の装飾が施されたファサードが含まれます。 建築材には、当時非常に人気があった、オーベルンキルヒ産の砂岩が用いられました。 宮殿礼拝堂と「黄金の間」は、ぜいたくな木彫で飾られています。 1893年から作られた祝宴ホールは、2つの階にまたがっています。 高さ9メートル、長さ24メートルの堂々としたホールには、比類のない空間効果があり、 今日なお侯爵家の祝宴に使われています。 緑のアーケードや噴水、迷路を備える、とてもすてきな庭園には、典型的なバロック様式の要素が見られます。 宮殿から歩いて数分の場所に、霊廟があります。 贅沢な内装が施された、高さ42メートルの丸屋根の建築物で、ベルリンの建築家パウル・バウムガルテンによる傑作です。 この建物は、個人所有のものとしては世界最大の霊廟であり、今日に至るまで侯爵家の最後の休息の場となっています。 エクスカーション シャウムブルク城は、1110年に初めて記録に現れました。 ヴェーザー丘陵地帯のネッセルベルク山 (標高225メートル) にあり、今日ではヴェーザー川流域で最も美しいエクスカーション目的地に数えられています。 ヴィルヘルムシュタインの島要塞は、18 世紀に造られたもので、シュタインフーダー湖の人工的に土を盛った場所にあり、今日でも島への渡しには昔ながらの帆船が利用されています。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました