風景公園デュイスブルク・ノルト

風景公園デュイスブルク・ノルト。体験世界としての産業文化。

かつて夜昼の区別なく溶鉱炉が真っ赤に燃えていた場所で、今日は溶鉱炉アンサンブルが想像力の発電所となっています。 この風景公園は、未来志向による、新たなミレニアムのための体験世界です。

20 世紀初頭に造られた、巨大な産業遺産が含有する構造は、独特な魅力に溢れていますし、夜間には芸術家ジョナサン・パークのイルミネーションによってロマンチックなものになります。 建築学的に特徴のある送風ホールの中では、技術遺跡としての電気ターボファン4基が印象的な存在です。 このホールは、700席を擁する劇場に改装され、今日では「ルール・トリエナーレ」の会場にもなっています。 最も大きな建造物は、全長170メートル全幅34メートル全高20メートルの「パワーセンター」です。 2002年には、全ての産業用ホールが多目的ホールに改装され、イベントに貸し出されています。 5番溶鉱炉内部では、巨大な鋳造ホールの中をのぞくこともできます。  “鋼鉄の巨人” では、外側を最頂部まで歩いて上ることができるので、約70メートルの高みから展望を楽しめます。 ガスタンクからは、誰でも利用可能な、ユニーク&革新的なダイビング施設が生まれ、 かつての湯出しホールはオープンエア・シネマになっています。 溶鉱炉とホール、配管網のシルエットの間には遊び場があり、ドイツ・アルペン協会がクライミングガーデンを設けています。 鉄と鋼鉄の建造物、点滅する光、奈落、そして「道」……かつて精錬所だったところでは、訓練を受けたトレーナーが、3時間の綱渡りグループコースを行っています。比較する対象が見あたらないほどの、印象的で奇妙な体験になるはずです。 産業文化の重要な記念碑が、公共資金によって、老若男女のすべてに24時間開放された、多目的な体験型テーマパークに生まれ変わり、今ではケルン大聖堂と並ぶ、ノルトライン・ヴェストファーレン州最大の観光スポットになっています。 エクスカーション 産業文化ルートは、150年にも及ぶルール地方の産業文化の見どころを結ぶ、全長400キロメートルの周遊コースです。 計19のスポットが、ハイライトとなっています。 エッセンのグルーガ公園は、1929年のルール地方大造園博覧会の際に造られました。約70万メートルの敷地を擁し、まちがいなくヨーロッパで最も美しいレクリエーション公園のひとつです。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました