A declaration of love to the ancient world – the Weser Renaissance and beyond

The Renaissance was defined by the rediscovery of classical art and the rebirth of man's critical outlook. Traces of this new dawn in history can be seen in the magnificent architecture of the Weser Renaissance and in north-west Germany.

ヘーメルシェンブルク宮殿は、大規模宮殿のあらゆる特徴をひとつにまとめたような建物です。水壕や防衛機能のある橋、堂々たる八角形階段塔2つを備える、壮大な3翼式の建築物なのです。

もっと

ニーダーザクセン州のビュッケブルク宮殿は、今日もシャウムブルク・リッペ侯爵家の居城であり、シャウムブルガー・ラント地方で最も魅力的な建築物に数えられていますいます。

もっと
ギュストロー宮殿

ドイツ北部にある、かつてルネッサンス宮殿だった建物は、豊かな化粧漆喰装飾とバロック・擬古主義様式の門館、以前の姿を再現した庭園大花壇によって、領主の主張を伝えています。

プレーン宮殿

はるか遠くからでも目視可能な、シュレースヴィッヒ・ホルシュタイン州の高台に残る唯一の宮殿。 レンガによる3翼式のルネッサンス建築物で、三十年戦争当時に建造され、現在はアカデミーが入っています。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました