ヘーメルシェンブルク宮殿

ヘーメルシェンブルク宮殿。 かつての貴族の生活へのエクスカーション。

ヘーメルシェンブルク宮殿は、大規模宮殿のあらゆる特徴をひとつにまとめたような建物です。水壕や防衛機能のある橋、堂々たる八角形階段塔2つを備える、壮大な3翼式の建築物なのです。

ヘーメルシェンブルク宮殿は、ヴェーザーベルクラント地方の、ハーメルンとバート・ピルモントの間に、魅力溢れる姿を見せています。 建築主のユルゲン・フォン・クレンケとその妻アンナ・フォン・ホレは、1588年から1613年までの間に、それまで何度も破壊された騎士領の中心建築物として、絵本に出てくるようなお城の特徴をすべて備える宮殿を建設しました。水壕や防御機能のある橋、堂々たる八角形階段塔2つを備える、壮大な3翼式の建築物です。 最も目を引くのは、遠くからでも識別できる24の “横断家屋” ─ 凝った装飾が施された、切妻風の屋根部屋 ─ です。 この建物は、当時人気があったヴェーザー砂岩で造られました。 領主夫妻は、最も豪華な部分 ─ イタリア・ルネッサンス様式の豊かな装飾が施された、3階建ての南翼 ─ に、子供たち14人と共に暮らしていました。 建物のすべてが、三十年戦争中の略奪や破壊から免れたのは、この傑出した家族の勇気によるものです。 宮殿見学者は、ルネッサンスやバロック、泡沫会社乱立時代における貴族の生活を垣間見ることができますし、多数の部屋が家具や絵画、陶磁器、ガラス器、武器などで、完璧に整えられています。 復元された「ミンネの庭園」は、庭園が隠れたミンネ (愛) の場所だった時代の明白な証拠なのです。 芸術や文化だけでなく、日常生活からのリフレッシュや田園地帯での散歩を求めているなら、ヘーメルシェンブルク宮殿の周辺で見つけることができます。ヘーメルシェンブルク宮殿は、サンティアゴ・デ・コンポステラへと続く有名な巡礼路「ヤコブの道」の傍に位置しています。 散歩の後には、かつての大農場 ─ 壮麗な宮殿南ファサードへの眺めが良く、カフェやビヤガーデンを備える建物 ─ が、一休みするように誘います。 エクスカーション 「ハーメルンの笛吹き男」の足跡を、数キロメートル北に位置する、メルヘン街道の町ハーメルンで辿ってみてください。 ヴェーザーベルクラント地方の造園芸術の珠玉とされるのが、バート・ピュルモントのクアパークで、ヨーロッパで最も美しい5つの庭園のひとつに数えられています。 ビュッケブルク宮殿は、「黄金の間」、特徴的なマニエリズモによる「神々の門」、「大宴会場」を備える、印象的な建築物です。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました