ゴットルフ宮殿
Discover the Beauty and Romance

See sites of royal splendour in Germany

Discover the Beauty and Romance

See sites of royal splendour in Germany

ゴットルフ宮殿。 最北部の華麗な宝玉。

神秘的な泥中遺体、ヴァイキングの足跡、高価な絵画コレクション ─ 北部で最も重要な宮殿の中にある、2つの州立博物館が、溢れ出る富を紹介しています。

ゴットルフ宮殿は、不規則な形をした4つの翼棟が中庭を取り囲んでおり、俯瞰すると大きなPのように見えます。 かつてのルネッサンス城塞は、絶えず改築・拡張され、何世紀もの年月をかけて今日のバロック宮殿の姿になりました。 変わらないのは、デンマーク国境に近い、シュレースヴィッヒ近郊の島という、素晴らしいロケーションです。 1500年頃には、後に有名なゴットルフ蔵書が入ることになる、ゴシック様式の巨大な2廊式ホールが建てられました。 今日では、中世の彫刻や祭壇を配置するのに、絶好の場所となっています。 宮殿の最盛期は1544年に始まります。ゴットルフ公爵家の権力拡張に従い、より大きく、より豪華になっていくのです。 1595年には、最も美しいルネッサンス様式の宴会場に数えられる「大鹿の間」が完成し、今でも当時の姿のまま維持されています。 同時期には、豪華な装飾が施された礼拝堂も造られました。 初期バロック様式のオルガン、金銀線細工が施された彫刻や寄木細工で飾られた公爵礼拝室も傑作とされています。 1637年からはイタリアのものを手本にして、宮殿の周囲にテラス式のバロック庭園が造られました。その中核をなしていたのは、「ゴットルフの地球儀」のある、豪華な園亭 ─ 世界初のプラネタリウム ─ でした。 庭園と地球儀は、オリジナルに忠実に復元され、2007年の秋から再びバロックの輝きを放っています。 宮殿の建物には、現在は州立芸術・文化史博物館と州立考古学博物館が入っています。 いずれの博物館の展示も、一見の価値があります。 興味深いのは、たとえば馬車や馬ぞり、旅行必需品を含む、旅行の歴史に関する豊富なコレクションで、19 世紀の旅行文化のイメージを生き生きと伝えています。 エクスカーション シュレースヴィッヒの郊外、“ヴァイキングの大都市” ヘーゼビュー (ドイツ名ヘイタブ) のすぐ近くにはヴァイキング博物館があり、彼らのスリリングな生活をうかがい知ることができます。 シュレースヴィッヒの聖ヨハニス僧院「聖書の庭」では、安らぎと平和、さらには聖書の中の植物を見いだすことができます。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました