ルートヴィヒスブルク宮殿
Discover the Beauty and Romance

See sites of royal splendour in Germany

Discover the Beauty and Romance

See sites of royal splendour in Germany

ルートヴィヒスブルク宮殿。 ヨーロッパで最も豪華なものに数えられるバロック宮殿。

かつて簡素な狩猟用離宮だった建物が、巨大な3翼式の建築物に……専制君主のレジデンツという夢を、ルートヴィヒスブルク宮殿の所有者ほど見事な形で実現した統治者はほとんどいないでしょう。

ヴェルサイユ宮殿は、18 世紀の支配者の誰もが目指した手本でした。 エーベルハルト・ルートヴィヒ公爵は、1704年に簡素な狩猟用離宮を改築し始め、1724-33年に4つめの翼棟を追加して、ドイツ最大にしてヨーロッパ最大規模のバロック宮殿とし、それにふさわしい名声を手に入れることになりました。 豪奢な宴会ホールや居住区といった、一連の素晴らしい部屋が、3つの建築様式に関する、オリジナルに忠実でリアルな情報を伝えています。 化粧室、高価な内装が施された宮廷教会、上品なスタッコ大理石で装飾された園遊・狩猟用の東屋、そして吹き抜け階段は、バロック時代のものです。 後に若きカール・オイゲン公が、内装を自らの好みに変えました。 エーベルハルト・ルートヴィヒ公爵の時代のやぼったい豪奢さは、軽やかなロココ装飾に取って代わられました。後には初代ヴュルテンベルク王フリードリヒ1世が、いくつかの部屋を直線的な擬古主義様式やフランス・アンピール様式に改装させています。 かつてのバロック庭園は、一部イギリス式風景庭園に変えられ、今日では厳密なシメントリーと夥しい花々が混ざり合った姿になっています。 庭園の端の、小高くなっている場所には、狩猟用離宮ファボリットがあります。 この離宮は、絵のように美しくて魅力的な庭園風景 ─ 72ヘクタールもの面積がある自然・野生公園 ─ の中にあり、ゆっくり散歩するのに理想的な場所になっています。 エクスカーション ドイツ木組みの家街道は、中世の雰囲気を漂わせながら、ドイツをほぼ縦断する全長2000キロメートルのルートです。 小さな町の小道をぶらぶら歩いて、ロマンチックな魅力の虜になってください! ヴュルテンベルク州のワイン街道は、様々な風景を見せてくれます。夢のように美しい、数キロメートルのハイキングルートが、“のんびりとした探検” へと誘います。 ごく近い場所には、木組みの家が並ぶロマンチックな街マールバッハがあります。フリードリヒ・シラーの出生地で、シラーとその家族の資料や肖像画、個人所有物が展示されています。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました