Late baroque treasures – playful flamboyance replaces pomp and splendour

The architecture of the late baroque was akin to the light dessert after a sumptuous banquet. Fully-preserved Ludwigslust Palace and the abbey garden in Neuzelle are two such examples of this period.

ノイツェレ修道院庭園

18 世紀に造られた、ノイツェレのバロック修道院庭園は、尼僧院庭園と僧院庭園に分けられていました。 今日まで庭園は様式も含めて維持されており、様式の変更がなされなかった、ブランデンブルク州では唯一のバロック庭園になっています。

メックレンブルクの田園地帯における、宮殿と都市が織りなす後期ゴシック様式のアンサンブル。 この宮殿では、大量の紙が人を惑わしています。多数の装飾が「ルートヴィヒスルストのボール紙」として知られているのです。

もっと
ブランケンブルク宮殿&庭園

ザクセン・アンハルト州、ハルツ山地の北端の町ブランケンブルクを支配するように、石灰岩の山ブランケンシュタインから力強く見下ろしているのは、11 世紀に建造されたブランケンブルク宮殿です。 見どころとなるのは、「グレーの間」と劇場、宮殿礼拝堂、「皇帝の間」、「騎士の間」です。

フンディスブルクのバロック庭園と風景庭園

フンディスブルク宮殿は、1140年に初めて記録に現れ、もともとはマグデブルク大司教領の国境防衛のために利用されていました。 かつての城塞は、16 世紀中葉にルネッサンス宮殿に改築され、現在ではザクセン・アンハルト州の田園地帯にあるものの中では、最も重要なバロック宮殿になっています。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました