The Golden Age of classicism: a return to antiquity

The houses and palaces of neo-classicism display the same straight lines and absence of embellishment as the ancient Greek temples. In Classical Weimar, a UNESCO World Heritage ensemble, the influence of Goethe is everywhere to be seen.

フュルステンラーガー国立公園

ベンスハイム近郊のアウアーバッハの町、オーデンヴァルト地方の牧歌的な支渓谷に、方伯でもあったヘッセン・ダルムシュタット大公が夏の離宮として1790年に「フュルステンラーガー」を建設しました。 印象的なのは、領主館を取り巻く建築物が、ほとんど昔のままの姿で残っている点です。

グライツ夏の離宮

1769年に初期擬古主義様式で建設されたグライツ夏の離宮には、歴史的な銅版画の素晴らしいコレクションがあります。 建築主のハインリッヒ11世 (1722-1800) は、夏の離宮の切妻に "Maison de belle retaite"、すなわち「心地よい隠れ家」と入れました。

1789年にカール・アウグスト公爵は、ゲーテの影響を受けて、擬古主義様式による堂々たる建築物であるワイマール・レジデンツ宮殿の建設を始めました。 同時にイルム公園の建造も始まりました。50ヘクタール近い面積がある、絵のように美しい公園です。

もっと

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました