ワイマール・レジデンツ宮殿
Discover the Beauty and Romance

See sites of royal splendour in Germany

Discover the Beauty and Romance

See sites of royal splendour in Germany

ゲーテの足跡:ワイマール・レジデンツ宮殿とイルム公園

1789年にカール・アウグスト公爵は、ゲーテの影響を受けて、擬古主義様式による堂々たる建築物であるワイマール・レジデンツ宮殿の建設を始めました。 同時にイルム公園の建造も始まりました。50ヘクタール近い面積がある、絵のように美しい公園です。

ワイマールとゲーテは、分かちがたく結びついています。 枢密顧問官ゲーテは万能型の天才でしたから、才気に溢れていたばかりではなく、たとえばハインリヒ・ゲンツ教授のような人物との、華々しい交友関係もありました。 ベルリン建築アカデミー所属の建築家だったゲンツは、プロイセンにおける初期擬古主義様式の巨匠で、1801年にゲーテによってワイマールに招聘されました。 3人の建築家が3翼式の建築物を設計し、ハインリヒ・ゲンツが素晴らしい内装を施しました。 吹き抜け階段は、白いドーリア式の柱を設けたホールを通して輝いて見え、祝宴ホールは、イオニア式の柱とギャラリーにより、傑出した空間デザインに数えられています。 化粧漆喰天井による「鏡の間」は、高貴な優雅さが支配しており、天井と同じ模様が寄木張りの床にも見られます。 イルム公園 ゲーテと古典時代へのさらなるメモリアムとなっているのがイルム公園です。 宮殿からすぐ近くの場所に、面積50ヘクタールの公園が広がっています。 公爵と詩人は、橋や洞窟、廃墟、彫刻、そして眺めを楽しむための邸宅「ローマ館」によって、理想的な風景を創り出したのです。 イルム公園にはゲーテの東屋があり、その簡素な建物の周りには、テラス風の果樹園と花壇、野菜畑が設けられていました。 今日では、当時植えられていたように、ほぼ再現されています。 エクスカーション 付近の見どころとしては、たとえば1751年に完成したホーエンツィーリッツ宮殿 ─ ミューリッツ国立公園局が入り、ルイーゼ記念碑が立っています ─ と外国の樹木が60種類以上も植えられたプットブス公園が挙げられます。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました