オイティーン宮殿と宮殿庭園
Discover the Beauty and Romance

See sites of royal splendour in Germany

オイティーン宮殿と宮殿庭園。 毎年のフェスティバルにおける正真正銘の舞台背景。

魅力溢れる庭園を含むオイティーン宮殿は、ホルシュタイン・スイス地方の湖沼風景の中で、絵のように美しい姿を見せています。宮殿は、大規模な修復作業を経て、新たな輝きを発しているのです。

東ホルシュタイン地方のオイティーン宮殿は、かつてはリューベック領主司教やオルデンブルク侯爵の居城だった建物です。 4翼式の宮殿は、元々は中世の城塞を基に造られています。 特徴的な外観は、1707年から1729年の間に形づくられました。 バロック様式に改装されたとはいえ、宮殿の外観は厳めしい印象を与えます。 それに対して内部では、オリジナルそのままの壮麗な部屋やサロン、広間、宮殿教会、そして高価な家財が見られます。 宮殿は、18~19 世紀に最盛期を迎えました。クリスティアン・アウグストからフリードリヒ1世までの時代で、バロック宮殿に改装された頃です。 オイティーンは、地域社交の中心になりました。 この時期、宮殿内部と庭園では重要な拡張が行われています。 宮殿庭園は、18 世紀にはシュレースヴィッヒ・ホルシュタイン州最大のバロック庭園に数えられていましたが、 後にイギリス式庭園に造りかえられました。 広い並木道と美しい木立、小さな太陽の神殿、そしてもちろんオイティーン湖が景観に取り込まれ、宮殿庭園の特徴となっています。 総面積14ヘクタールの宮殿庭園の一部には、現在オイティーン・フェスティバルのステージが設けられています。 毎年7月と8月に、オペラとオペレッタからなるフェスティバルが野外ステージで開催されるからです。 宮殿自体は今日博物館になっており、 過去数世紀の宮廷生活が紹介されています。 とりわけ印象的なのは、ロシア皇帝から公爵家に贈られた、船の模型です。 エクスカーション 聖ミヒャエリス教会は、12 世紀に建造されました。 オイティーンの町の心臓部に位置する、重要なロマネスク様式の建築物です。 文化財指定を受けている水塔は、1909年に完成しました。 156段の階段を上ると、素晴らしい展望が楽しめます。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました