マルクスブルク城

ライン川沿いの高台にある、見事な城塞の大部分は、13-15 世紀に造られられたものです。 望楼など複数の建築物、ツヴィンガー (外壁と内壁の間の空き地)、稜堡を備える、堂々たる城塞が、中世へのロマンチックな旅に誘います。

エルツ城

無垢な自然の中、モーゼル川支流の渓谷に隠れるように建つエルツ城は、ドイツで最も美しく、最も保存状態の良い城に数えられています。 張り合わされたかのような、高い居住塔を備える、角張った建築集合体で、極めて特徴的な外観をしています。

12 世紀に初めて記録に現れた、ミュンスターラント地方西部のアンホルト水城は、ノルトライン・ヴェストファーレン州では数少ない個人所有の城です。 現在この水城は、ザルム・ザルム侯ニコラウスのイニシアティブにより、博物館となっています。

もっと
ゴスラーの皇帝居城

最初の銀鉱脈が発見されたことで、ザクセン朝やザリエル朝の皇帝たちは、ハルツ地方の辺境地に、最も大きく最も堅牢な居城を建造しました。 皇帝居城のある地区は、ゴスラー旧市街と共に、ユネスコ世界遺産に登録されています。 皇帝居城は、ドイツ最大・最古にして、最も保存状態がよい皇帝居住施設です。

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: