プロイセン皇太子カールは、1824年にベルリン南西部のはずれにあるグリーニケ所領を手に入れたとき、すぐさまイタリアの田舎という考えが浮かびました。 1825年にカール・フリードリヒ・シンケルが、大農家を擬古主義様式の邸宅へと改築し始め、ルネが魅力的な公園を設計しました。これらはいずれも、ハーフェル川が湖に流入するあたりの、田園地帯に位置していました。

もっと

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: